no title
1: 君の名は(やわらか銀行) 2016/10/23(日) 11:08:44.59
妄想とか若干入ってるかもだし、文章的に変なところとか矛盾とかあるかもだけど、是非読んでください

3: 君の名は(やわらか銀行) 2016/10/23(日) 11:11:39.84
人:西野生田高山堀秋元桜井万理華
棘人:橋本飛鳥白石松村衛藤若月井上
学生:堀飛鳥北野星野
村人:生駒新内中元

棘人は人と同じように地球に住む、言わば人種のようなもの。
村だけでなく、どこにでもいる。
帝都のように双方がお互いを受け入れて共存しているところもあるが、今回の舞台の村は昔対立を起こしてしまった。
おそらく勝ったのは人。それ以降、形式上では和解し、契りを結び、毎年儀式を行っているが、人は棘人を見下していた。そして、伝統儀式が棘人の棘を切り落とすというものなのもこのため。
棘人の長のような存在が、嶋田橋本飛鳥の一家。棘人は隔離された場所(棘人注意と書かれた裏路地の奥?)に住んでいて、橋本一家はその中の一番豪華な家に住んでいる。また、普段は人と接することはあまりない。

5: 君の名は(やわらか銀行) 2016/10/23(日) 11:13:48.18
冒頭のシーンは西野生田高山の3人が橋本の家を訪れるシーン。
契りを結び、西野が握り手を行うシーンと同じ服装をしているため、恐らく生田高山は付き添い。

西野の読んでいる「棘人と猫」は人からみた棘人の話で、西野は棘人についてある程度の理解があるが、棘が出ることを恐れて恐る恐る手を出す。橋本はそれに腹をたて出ていく。

桜井秋元と生田高山が合流したのは棘人側の陣地。普段は接点がないため、桜井はあのような発言をする。

6: 君の名は(やわらか銀行) 2016/10/23(日) 11:17:14.03
橋本が家で本を読んでいる時に嶋田が激怒したのは、建前では人と仲良くしているが、本音では人を嫌っているから。
本当に人と仲良くしたいと思っている橋本は人と棘人が分け隔てなく暮らしている帝都に行きたいと思っている。(おそらく、橋本が北海道から出てきたこととリンクさせている)
湖の向こうからやって来るのが帝都行きの列車。電車は水の上を走っているため幻想かもしれない。

8: 君の名は(やわらか銀行) 2016/10/23(日) 11:18:42.23
儀式の内容は、かつて争いが起こったときに行われた、棘人を捕まえて棘を切り落とすことに由来していると思われる。

最後のシーンで橋本が居なくなったのは、橋本の卒業理由が明らかにされてないのと同じで、分からないのが正解なのかもしれない。

以上です。書いたことはあくまで個人の見解です。監督が考えた設定とは違うかもしれないので悪しからず。

9: 君の名は(catv?) 2016/10/23(日) 11:18:50.04
ここまで想定内

15: 君の名は(愛知県) 2016/10/23(日) 11:39:02.57
やり直し

16: 君の名は(内モンゴル自治区) 2016/10/23(日) 11:41:53.03
初期のAKBでも変な映像入れてたし
それはそれで有りかと

ただ 解説は欲しいよね

17: 君の名は(大阪府) 2016/10/23(日) 12:09:08.30
橋本推しではなかったけど、ないものねだりを聞いてると
橋本が積み上げてきたものの大きさがわかって思わず目から汗が出そうになる
声加工されまくりなんだろうけど、橋本個人から溢れるその積み上げてきたオーラみたいなのが感じれてすごく感慨深い。

お前らどう思う?










乃木坂46 ブログランキングへ 引用元:http://2chspa.com/thread/nogizaka/1477188524